小児期のわきが手術についてのご質問

ご相談内容

ご相談者
女性

こんにちは。
12才の娘の件で相談させて頂きたくメールいたしました。
匂いが気になり出したのは、確か・・・7、8才頃からだったかと思われます。
今ではかなりきつくなり、少し汗をかいただけでも凄い異臭がします。
まめにふいて清潔にしたり、病院で処方された薬(消毒薬)を塗ったりはしているのですがまったく効き目ない状態です。
今まで何度か手術を考えた事もあったのですが、年齢が低いと再発の可能性あると言うことやまた手術によりうでがその後つったりする事もある・・・などと不安もあり、行動出来ずいました。

ただ、成長期と言うこともあり、最近更に臭いもきつくなり学校での生活(いじめなど・・)も不安です。

1.こちらの病院では再発の時の対処等はどの様になっているのでしょうか?
2.また、手術のリスク等も教えていただけますでしょうか?
3.なるべく切らずに治療が出来れば、良いのですがそのような治療法ありますでしょうか?

お返事お待ちしております。

ドクターの回答

●●さん今晩は。Dr.鈴木です初めまして。お問合せ頂き有難うございます。
私は長くわきが多汗症治療を専門に取組んで来ました外科医です。

本症は優性遺伝によるアポクリン汗腺過剰発達で生じます。
本汗腺は性ホルモンの影響を強く受けどんどん肥大増殖、活動活発化していくために、大よそ生後7~10歳前後で発症(症状顕化)し、その後加齢と共に確実に「臭いの程度や汗の量」という病状が悪化進行し、脇の本汗腺分布面積である病巣も次第に拡大化して行きます。よって出来るだけ若い内に、出来れば発症したての幼少期に(病巣がまだ小さい内に)完治手術をしてしまうことが理想と言えるのです(癌は早期に治療することがベストであり進行癌になるまで放置すると完治困難となるのと同じです)。

完治させるには脇の皮膚深部にある無数にある全ての本汗腺を、確かな識別眼をもって直視下で、確実に綺麗に取り切る高度の技術が求められます。私はそれを永久保証付で提供出来る腕(FBC式トリートメント法という術式)を有しておりますのでご安心下さい。
逆に少しでも安易な手術を受けますと本汗腺が僅かでも取り残され、それが再増殖し再発や症状残存を必発させる事になります。またそのための再手術がさらに煩雑化してしまいますので注意が必要となります。
私の言う永久保証とは、二度と再発や症状残存はない、もし生じれば無料で再治療を行わせて頂くとの意味でもありますが、いまだ再発させ再手術を施行せざるを得なくなった事態はございません。ご安心下さい。

御質問1.の答え
御質問の、「年齢が低いと再発の可能性あると言うこと」ですが、これは全く間違いです。
子供の時から既に本汗腺は出現しており、これを全て取り切ることで生涯完治状態(臭い、汗が全くゼロ状態)が得られるのです。ゼロの状態からは新たに汗腺が加齢とともに出来てくるということはありません。ゼロになれば生涯ゼロとなります。
御質問2.の答え
またもう一つのご質問の、「手術により腕がその後つったりする事もある」ということですが、人に依り幾らかは術直後に軽いツッパリ感が生じ得ますが、確実に数ヶ月で消えていきますのでご安心下さい。脇の皮膚に小切開は一か所だけしますが、綺麗に縫合しますので抜糸後はどんどん薄く人目では分からなくなるまで治っていくのが常です。
御質問3.の答え
このまま放置しますと症状は進行し、学校などでいじめに遭ったり等マイナス面が多々出てくると思います。また将来社会人となってからも同じです。本完治手術を早めに施行するメリットは多くあり、デメリットはございません。また切らない治療や民間療法で治る事は決してございません。

御説明は以上となります。宜しければ一度私が直接に診て差し上げましょうか(要予約制)。全国から同じような悩みをもつお子さん達がこの完治手術を受けに当院に来られ、喜びのお言葉を頂戴しております。
是非ご検討下さい。きっとお力になれるでしょう。

平成23年11月17日ファーストビューティクリニック 総院長鈴木隆
東京院直通電話:03-3538-9112


  • お問い合わせ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 施術費用

  • 認定専門医日本形成外科学会

フェイスリフトセンター開設!

ご相談内容の一例

発汗による臭いと、精神的ストレス。わきがのしくみに関するご相談。

相談内容と回答の詳細

ダイエットがうまくいかない方の脂肪除去に関するご相談。

相談内容と回答の詳細

わきがセルフチェックを実施された結果でのご相談。

相談内容と回答の詳細

  • ご相談内容一覧
  • 全国各院のご紹介 銀座・大阪・神戸・福岡・熊本
  • 専門サイトのご紹介
  • ファーストビューティクリニック 院長ブログ

携帯サイト

QR code

美容外科 FIRST BEAUTY CLINIC モバイル版はこちらからどうぞ(このサイトは携帯端末からのみ閲覧が可能になっております)。QRコードに対応していない携帯端末をご利用の方や、上手く取り込めない場合はこちらのURLをご入力下さい。
https://ladies.firstbeautyclinic.jp/m/