二重まぶた 印象的な瞳。すっきりとした二重まぶた


二重まぶたについて

まぶたについて

目は心の「窓」ともいいますが、それだけ相手に強く印象づける大切な部分です。

そんな顔の表情を左右するこの二重まぶたの手術には、高度な技術とデザインセンスが必要とされます。

二重まぶたの仕組み

二重まぶたの仕組み 一重の場合

二重まぶたの仕組み 二重の場合

二重まぶたFBC式オリジナル埋没法

FBC式ナチュラルクイック法

FBCでは二重まぶたの埋没法をさらに進化させた院長独自の「ナチュラルクイック法」で希望の二重まぶたを実現します。ナチュラルクイック法は治療時の麻酔で痛みも腫れも少なくすることができますので、当日からの外出にもほぼ問題ありません。

治療時間もわずか5~10分程度と短く、この治療方法が適応するタイプとして「まぶたが腫れぼったくないこと」「希望する二重まぶたの幅が極端に広くないこと」「まぶたのたるみがあまり無いこと」「その他、生理機能的に問題が無いこと」などいくつか制限されることはありますが、通常のプチ整形で、ほとんどの二重まぶたを望む方は「ナチュラルクイック法」が適応になります。

FBC式ナチュラルクイック法 OPS法/TPS法

従来の二重まぶたの埋没法と基本的な方法はほとんど同じですが、糸のかけ方や麻酔方法など院長独自の方法となります。腫れも極めて少なく、パッチリ違和感のない希望の二重まぶたが得られます。

メリット(埋没法) デメリット(埋没法)
治療時間が10分も掛からない 糸が取れる可能性がある
二重のライン変更が出来る 治療可能な方の制限がある
糸を取ることができる
腫れがほとんどない

FBC式ファイン切開法

FBC式ファイン切開法

術直後
二重まぶたのラインはご本人様の希望に合わせています。

FBC式ファイン切開法

ナチュラルクイック法とは違い、希望のライン上を切開し二重まぶたにする方法です。まぶたがかなり腫れぼったい方や上まぶたにたるみのある方など、埋没法では自然な二重まぶたは難しいと判断された方に適応します。

メリット(切開法) デメリット(切開法)
一生、二重のラインが取れない ライン狭小変更が難しい
クイック法では難しいラインも可能
はっきりしたラインができる

FBC式ファイン切開法

FBC式ファイン切開法

術直後
二重まぶたのラインはご本人様の希望に合わせています。

  • お問い合わせ
  • アクセス
  • よくある質問
  • 施術費用

  • 認定専門医日本形成外科学会

フェイスリフトセンター開設!

ご相談内容の一例

発汗による臭いと、精神的ストレス。わきがのしくみに関するご相談。

相談内容と回答の詳細

ダイエットがうまくいかない方の脂肪除去に関するご相談。

相談内容と回答の詳細

わきがセルフチェックを実施された結果でのご相談。

相談内容と回答の詳細

  • ご相談内容一覧
  • 全国各院のご紹介 銀座・大阪・神戸・福岡・熊本
  • 専門サイトのご紹介
  • ファーストビューティクリニック 院長ブログ

携帯サイト

QR code

美容外科 FIRST BEAUTY CLINIC モバイル版はこちらからどうぞ(このサイトは携帯端末からのみ閲覧が可能になっております)。QRコードに対応していない携帯端末をご利用の方や、上手く取り込めない場合はこちらのURLをご入力下さい。
http://ladies.firstbeautyclinic.jp/m/