ワキガ・多汗症 もう、二度と匂わない。その安心感があなたに自信と信頼を


色々な治療法

色々な治療方法

吸引法や超音波法など通院不要をうたっているクリニックやエステもありますが、30分程度の治療方法ではワキガ・多汗症は治りません。現在多くの医療機関でワキガや多汗症の治療を行っており、いくつかの治療方法があります。

患者さん自身にはどの様な方法があって、その病院はどのような方法をとっているのか、また経験豊富なドクターが施術をするのかなどをしっかり把握し、自身にとってどの方法がベストかを知った上で治療を受けていただきたいと思っております。

術式 手術時間 通院 効果 キズ 総合評価
吸引法 約30分 なし 20~40% 約2mm ×
そうは法 約40分 なし 40~50% 約1cm
超音波法 約30分 なし 40~60% 5~10mm
イナバ式皮下組織削除法 約1時間 あり 60~80% 約3cm
剪除法 約1時間 あり 70~80% 5~7cm
FBC式トリートメント法 約1~2時間 あり 100% 3~5cm

吸引法

痩せる為の手術として有名な「脂肪吸引/メソセラピー」と同じ機械、同じ方法で原因となる組織を吸い出す方法。

吸い出すだけでは当然取りきれる訳もなく、治療効果はワキガに対しては最大約40%程度、多汗症においてはほとんど変わりません。

そうは法

皮膚の裏側を特殊な「鋭匙(えいひ)」で掻き出す方法。

あまり強く掻き出すと皮下の組織のダメージが強くなる為、確実には取れきれません。効果はワキガに対し最大50%程度、多汗症は最大20%程度です。

超音波法

吸引法の際に使用する管の先端から「超音波」が発生し汗腺組織を破壊、乳化させることで汗腺組織を取りやすくした方法。

この方法は出血も少なく吸引法より効果は期待できますが、あまり長いあいだ超音波を当てていると皮膚に火傷を起こす為、長時間の治療ができません。ワキガに対しては最大60%程度の効果しか期待できない為、不満が残りやすいと言えます。多汗症については治療効果をあまり期待できません。

イナバ式皮下組織削除法

故・稲葉博士が開発した「皮下組織削除器」を使用し、皮膚の裏側の原因組織を削り取る方法。

故・稲葉博士はこの治療方法を確立したことで、日本医師会より「最高優功賞」を受賞する程、確実性の高い治療方法です。

剪除(せんじょ)法

皮膚を5センチ前後切開し、皮膚の裏側を直接目で見て取り除く方法。

この方法はワキガ治療の中ではイナバ式皮下組織削除法と並び、高い確率でワキガを退治します。

その他の方法

脱毛することで毛穴が塞がり発汗量の減少に伴い臭いの軽減を図る方法もあります。

この方法は本質から言えばワキガを治すことが目的ではなく、脱毛することによって起こる副効果ですのでワキガや多汗症を治す目的としてはお勧めできません。


  • 認定専門医日本形成外科学会

フェイスリフトセンター開設!

ご相談内容の一例

発汗による臭いと、精神的ストレス。わきがのしくみに関するご相談。

相談内容と回答の詳細

ダイエットがうまくいかない方の脂肪除去に関するご相談。

相談内容と回答の詳細

わきがセルフチェックを実施された結果でのご相談。

相談内容と回答の詳細

  • ご相談内容一覧
  • 全国各院のご紹介 銀座・大阪・神戸・福岡・熊本
  • 専門サイトのご紹介
  • ファーストビューティクリニック 院長ブログ

携帯サイト

QR code

美容外科 FIRST BEAUTY CLINIC モバイル版はこちらからどうぞ(このサイトは携帯端末からのみ閲覧が可能になっております)。QRコードに対応していない携帯端末をご利用の方や、上手く取り込めない場合はこちらのURLをご入力下さい。
http://ladies.firstbeautyclinic.jp/m/